上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一時期、こういう鼻デカシリーズ、流行りましたよねー
こういう写真の仕組みは簡単で、広角レンズや魚眼レンズで鼻先に寄って撮るだけ。

でも実際に撮ろうとするとカメラやレンズによってはあまり寄れなくて、鼻デカにはならないことも多いですよね。
この写真だと、一応、鼻はデカくなってるけど、ただそれだけの写真です。
俗にいうところの"失敗"ってヤツです(汗)
20100504_3


まぁ、それはいいとして・・・
よーく見ると、この口や鼻、輪郭のバランス、何かに似てませんか?

耳がちょっと大きいけど、なんとなくライオンっぽいですよね?!
若いメスライオンはこういう雰囲気のような・・・
でもサイズがあまりにも小さいのでプチ・ライオンというべきかも(笑)

さてさてそのプチ・ライオンですが、つい先程もセティのベッドに座っていたら強制排除されていました。
ここ最近、一段とその強さが際立ってきたセティと逃げ腰及び腰のラムセス(^^;
3歳になった今では、うちに来た頃のような"野望"や"無鉄砲さ"はずいぶんと影を潜めて来たので、やっと大人になって来たのかなーなんて思わせる部分も増えてはきたけど、甘えっぷりは今まで通り。

・・・だからラムセスって弱いんじゃ?!(-_-;)
というか、そもそもスコティッシュフォールドって、そんなに強い猫だったのか!?
本などでは「温厚で大人しい」って紹介されてるんだけど。

まぁ、影があれば光もある。
ラムセスが弱いお陰で誰も怪我せずに済んでると思えば良いのかな(汗)



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pharaohsdialy.blog119.fc2.com/tb.php/208-2f48ed94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。